オイリー肌に合うクレンジング選び

私の肌は小学生の頃から顔にニキビや油が多く、自分はオイリー肌だと感じていました。その頃からずっと肌荒れに悩んでて、2年前にやった肌診断の結果で、保湿不足によって乾燥肌になり、余分に油が分泌されて肌荒れが引き起こされてることを知りました。ネットで、オイルでのクレンジングは顔の油を取ってしまうという文章を見つけ、化粧水や乳液は毎日かかさずやっているのに、メイクした次の日は肌の乾燥に悩むことがあったのを思い出し、目から鱗でした。化粧水や乳液や洗顔には気をつけているのに、なんでクレンジングには気が回らなかったんだろうと少し凹みました。
あまりクレンジングにお金をかけたくないと思っているので、今のクレンジングには満足しているんですが、肌のためにオイルクレンジングをやめて他のクレンジングに変えなければいけないなぁと思っています。

青汁「豆乳」

青汁 「豆乳」
豆乳といえば健康食品としておなじみですよね。最近では、飲料用だけに限らず、化粧品やサプリメントなど様々な美容グッズとなって販売されています。そして、そんな豆乳が青汁の中に含まれているものもあるのです。青汁に豆乳を追加することで青汁に足りない栄養素が効率的に補給できます。
・豆乳の栄養素と効果について
豆乳には良質なタンパク質や大豆イソフラボン、レシチンなどが豊富に含まれています。
豆乳に含まれているタンパク質は、植物性のタンパク質と比べ、栄養価が高くたくさん含まれているのが特徴です。タンパク質は身体を構成する上で必要不可欠な必須アミノ酸成分になります。骨や内臓、血液、皮膚など細胞の素となっています。豆乳に含まれるタンパク質は血中コレステロールを下げ血圧を抑制する効果があります。

 

青汁 「レモン」

青汁 「レモン」
青汁の中には、レモンを配合しているものもあります。
なぜレモンを配合しているのかというと、レモンの味や香りで青汁特有のにおいや味を解消し、飲みやすくしようとしているのです。青汁は、健康には良いがその分、苦味があったり、においが苦手だったりと飲みにくい要素がたくさんありますよね。またレモンには豊富に栄養素が含まれています。青汁の栄養素の上に更にレモンの栄養素を配合すれば、飲みやすくなる上に栄養価も高まります。
・レモンの栄養素と効果について
レモンの成分として一番に思いつくのがビタミンCでしょう。100mg中90mgも含有されています。ビタミンCは美肌に効果的で様々な肌トラブルや紫外線から守ってくれます。シミやシワ、ニキビも防いでくれます。
非常に抗酸化作用に優れているため、身体の老化現象も予防し、若々しさを保たせるアンチエイジング効果もあります。
あわせて読みたい青汁サイト⇒酵素青汁111選

更新履歴